沖縄琉球ガラス 表札・アクセサリー・グラス・ランプ・ストラップなどの販売・通販のご案内





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琉球ガラス 三分五嶋紐帯締め ”三連トンボ玉”


◇地色/琉球ガラス・・ 滅紫(けしむらさき)・狐・草色  三分五嶋紐・・ 白と山吹茶色   


~50年を隔てて再現された工芸品~
桃原氏の再現した「琉球ガラス」と五嶋組紐が出会い、完成した「琉球ガラス帯留めセット」のお品でございます。


「琉球ガラスと五嶋敏太郎の五嶋紐」第二次大戦後、先代の桃原氏が琉球ガラスを日本橋三越に輸出し始め、 美しい工芸品へと高めていきました。日本橋三越では、その琉球ガラスを無形文化財初代五嶋敏太郎の組紐とセットにし、 注目を集めていました。時は流れ、数年前、偶然3代目五島茂氏が 50年前に作られた琉球ガラスの帯留めと出会い、熱い思いでよみがえらせたお品です。 帯留めのガラスは透明感のある加工で、本草木染料を使用しております。小振りのトンボ玉を3個連ねて通しました。しゃれたお色の組み合わせが、どのお色の帯にもなじむ仕上がりになりました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。